アルコール飲料による事故

アルコール飲料による事故についてみていきましょう。

若い方は、飲酒の経験もアルコールの知識もなく、お酒とは飲んだら誰もが酔ってしまう
と思い込んでいる方は多いのかもしれません。その結果、なかなか酔わないとピッチを
上げ、急性胃炎のため吐血したり、最悪急性アルコール中毒のため死に至ることも数多く
報告されています。東京都内において急性アルコール中毒で搬送された人数は11.000人
(平成23年度京消防庁のデータより)を超えます。
その大半が20代の若年と未成年で占められ、大学の新入生歓迎コンパなど一気飲みが原因
と云われています。

どうして酔うのでしょうか? アルコールは、
1.胃で20%吸収
2.小腸で80%吸収
3.アルコールは血管で体内に運ばれ、脳へと
4.大脳から奥へ酔いが進みます。
身体はアルコールを薬とみて分解し始めます。アルコールは肝臓の酵素が分解します。
アルコール → アセトアルデヒド → 二酸化炭素・酢酸へ変化します。
・この酵素の働きの強弱でお酒の強さが決まります。
・血中にアルコールが多いと気持ちが良くなります。
・アセトアルデヒドが増えると気持ちが悪くなります。

お酒は薬ではなく、体内で毒物に変化する薬物であり、分解が速いか遅いかだけで、
誰でも飲まないに越したことはありません。どれ位の速度で毒物を無毒化できるかは、
100%遺伝子に基づいた体質で決まります。健康への影響の度合いも体質で決定されます。
ご自身の体質を知り、上手にお酒と付き合いましょう。

>> あなたのアルコール感受性遺伝子を調べてみませんか?


GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子分析キット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。