日本人はお酒に弱い

日本人はお酒に弱いというのは本当なのでしょうか?

アルコールは胃や腸から吸収され、大部分が肝臓で代謝されます。
この代謝する助けをするもの(アルコール分解酵素)のうち、1番重要なのがALDH2
(アセトアルデヒド脱水素酵素2)と呼ばれる酵素です。この酵素を作る遺伝子が2種類
あります。これは両親から1ヶずつ受け継がれます。

分解能力が高いのがN型、低いのがD型。
NNタイプの人と、NDタイプの人と、DDタイプの人がいる分けです。
NNタイプの人は、直ぐお酒を分解できるのでいわゆる「お酒に強い人」、
NDタイプは、「そこそこ飲める人」、DDタイプは「下戸」ということになります。
日本人は、それぞれ45%、45%、10%位と云われています。飲めない人が1割です。
とは云え、大量飲酒して肝臓を傷めたり、アルコール依存症になる方は殆どNN型の人です
から、強いからといって飲み過ぎは厳禁です。

白人や黒人の方には、余りDタイプの遺伝子を持つ人はおらず、日本人、中国人はDタイプ
の遺伝子の人が多いようです。日本人はお酒に弱いは、本当なのです。

>> あなたのアルコール感受性遺伝子を調べてみませんか?


GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子分析キット
posted by alchol DNA | 日本人はお酒に弱い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。