アルコール感受性遺伝子 キット

アルコール感受性遺伝子分析キットをご紹介します。

アルコール感受性遺伝子は、ただ単にお酒が強い(飲める)、弱い(飲めない)を調べるだけ
の検査ではありません。どんな体質なのか、飲酒により将来健康に対しどのような悪影響
が出易いのかを分析します。飲酒継続による病気のリスクが分かることが、遺伝子検査の
最大のメリットです。調べる遺伝子は、2つのアルコール感受性遺伝子を分析します。

ADH1B(1B型アルコール脱水素酵素)
・アルコールをアセトアルデヒドに変える酵素です。
・ADH1Bの遺伝体質(タイプ)によってアルコールの分解能力が異なっていて、
 体質(タイプ)によってお酒が飲める体質か、飲めない体質かを判定します。
・酵素活性の判定は「低活性型」「活性型」「高活性型」3タイプになります。

ALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)
・アセトアルデヒドを酢酸に変える酵素です。
・ALDH2の遺伝体質(タイプ)によってアセトアルデヒドの分解能力が異なっていて、
 体質(タイプ)によってお酒が強いか、飲めないか、そして飲酒により健康への
 影響が高いかを判定します。
・酵素活性の判定は「活性型」「低活性型」「非活性型」の3タイプになります。

※アセトアルデヒドは毒性が強く、これが蓄積(分解能力が弱い)されると、
顔が赤くなったり、動悸が早くなったり、気持ちが悪くなったりします。

>> あなたのアルコール感受性遺伝子を調べてみませんか?


GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子分析キット
posted by alchol DNA | アルコール感受性遺伝子
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。